コラム

風邪・インフルエンザを予防しましょう

寒さも厳しくなり、空気が乾燥するとともに、かぜやインフルエンザが流行してきます。

風邪やインフルエンザは日常の健康管理である程度感染を防ぐことができます。人の多い場所へ出掛けると感染の危険性も高くなりますが、外出しないというわけにはいきません。ですので予防を第一に考えることが大事です。

予防を心掛ける

予防を心掛ける
  • 外出から帰ったら、手洗いとうがいをする
  • お風呂であたたまる
  • 十分な睡眠をとる
  • バランスの良い食事とビタミン補給
  • 適度な運動をする
  • 人ごみはできるだけ避ける
  • マスクを使う

予防には免疫力の維持がとても大切です。

お風呂であたたまる

お風呂であたたまる

免疫力と体温には深い関係があり、体温が下がると免疫力も低下し、逆に体温が上がると免疫力も高まります。入浴でしっかりと体をあたためてあげて、体温上昇による免疫力アップが期待できます。

また、お風呂にはいるとリラックス効果もあり、副交感神経が刺激されるので血管が広がり血の流れが良くなります。血流が良くなると血液の中のにある免疫細胞(白血球やリンパ球など)が全身にしっかりと行き渡り、体外から侵入した病原体を攻撃し排除する働きができるようになるのです。

体が温まることで腸内の活動も促進されますので、腸の免疫機能も活発になります。腸は体の中で最大の免疫器官と言われており、血液中を流れる免疫細胞の多くが腸に集まっています。その割合は人の体の全免疫システムの70%と言われています。

血行の促進、腸内活動の促進は免疫力アップには欠かせません。理想的なお湯の温度は41度で30分ほどゆっくりと浸かることがポイントです。副交感神経が刺激されとてもリラックスすることができます。

十分な睡眠をとる

十分な睡眠をとる

しっかりと睡眠をとることが風邪の予防にも大切です。
睡眠不足で疲れが取れず、疲労がたまっていくとストレスも増え、体の抵抗力も下がり風邪を引きやすくなります。十分な睡眠をとってウイルスへの抵抗力を付けましょう。

睡眠をよくとること、お風呂でリラックスすることはストレス対策となりますが、ストレス対策は風邪予防に関係すると言われています。

強いストレス環境下におかれていた人ほど、風邪ウィルスに5.81倍感染しやすく、2.16倍症状も強まるという研究結果があるそうです。ストレスによって免疫が低下することにより、風邪ウィルスに感染しやすくなり、症状も強まることが明らかとなったのです。

引用:https://news.allabout.co.jp/articles/c/466248/

寝るときは床よりもベッド

寝るときは床よりもベッド

室内の空気中に浮遊しているホコリやチリには風邪のウイルスもたくさん含まれています。

寝る時など人の活動が静まり空気の動きがなくなると、 床から30㎝ほどの空気層にホコリやチリが下におりてくるので、 床に布団を敷いて寝ている時、ホコリやチリを吸いやすい状態になります。

ですので風邪の予防には、ベットなど床から30cm以上の環境で寝るのがおすすめです。

寝室へ加湿器を置く

枕元へ加湿器を置く

喉が乾燥するとウイルスが増殖しやすくなるので、寝室へ加湿器を置くと良いでしょう。

寝ている時は口の中の粘膜が乾燥しやすくなっています。加湿器をつけて部屋の湿度を一定に保っておけば、口の中の粘膜を乾燥から守ってくれるため、風邪などの予防にも役立ちます。

部屋の湿度を50%以上に保つと、風邪ウイルスの弱体化に効果的といわれています。

動物アレルギーがあってもペットと暮らしたい

動物アレルギーがあってもペットと暮らしたい

私の家にはペットとして猫が一匹おります。
彼的(オス)にどうも私より序列が上みたいで、私への対応がぞんざいです。(笑)妻が呼ぶと返事をするのに、私が呼んでも返事どころか振り向きもしません。気が向けば尻尾を振って返事としている始末です。

ですので彼の序列では、1位:妻、2位:自分(猫)、3位:私 と、なんだか釈然としませんがそんな感じのようです(笑)

そんな彼ですが、この寒い時期は常にこたつの中にこもっております。
ある日嫁が気付いたのですが、彼の背中にフケが出ておりました。どうもこたつの中にこもっていると乾燥するようで、かなりなフケの量になっており、『動物たちもフケが出るのだな』と感心しました。

そこではっと気が付いた…いや繋がったというべきでしょう。
最近自宅に長時間いると鼻水・鼻づまりが酷くなってきていたのです。

実は私がまだ独身で実家にいた頃、やはり母親が猫を飼っていました。
(この猫は23年生きて、大往生で天寿を全うしました)
この時も鼻水・鼻づまりはありましたが、私はハウスダストアレルギーの自覚がありましたので、(男の不精というべきか、この頃アレルギーテストは受けていませんでした)きっとハウスダストだろうな、と勝手に解釈していたのです。

しかし、長年いた同居人(猫)がいなくなってから不思議と鼻水・鼻づまりが治まったのに気が付きました。
『ひょっとして猫がアレルギーの原因?』とも頭をよぎったのですが、面倒なのが勝り相変わらず病院には行きませんでした。

アレルギーテスト

そんな経験を過去していたものですから、これはもしやと思ったのです。

さすがにこれは一度アレルギーテストを受けようと思い立ち、(私にとっては)一大決心で病院に行きました。かくしてアレルギーのパッチテストの結果は・・・

  • スギ花粉アレルギー
  • ダニアレルギー
  • ハウスダストアレルギー
  • 猫アレルギー

…ありました猫アレルギー。しかもこの中で一番反応が酷かったのです。
前回アレルギー体質はいくつかを合併すると書きましたが、そこの部分も立証されてしまいました。

アレルギー反応が一番酷い存在と同居しているわけですが、だからといってもちろん追い出すわけにもいきません。
しっかり妻と話し合って、寝室に入るのはOKだけど、一緒に寝るのはNGというルールを作りました。

アレルギー反応には個人差はありますが、同じような状況・環境の方もいらっしゃるのではないでしょうか?
前回のダニと同様、ペットのフケは目に見える程度のサイズなら、掃除機である程度は除去できるでしょう。

しかし、フケもやはり目には見えないほどに細かくなっているものもあります。そうなってくるとやはり同様中わたの奥に侵入(入り込む)してしまい、掃除機だけでは完全とはいかなくなります。これを取り除くには、布団を丸洗いクリーニングすることが最適と考えられます。

動物アレルギー

今回、私自身に猫アレルギーがあることが発覚したのですが、私夫婦共々の布団は毎シーズン会社で丸洗いして使っており、就寝の際に呼吸ができなくなるほどの鼻づまりは起こっておりません。とても快適な睡眠を得られています。

猫アレルギー以外にも犬アレルギーなど、動物のフケなどに含まれる成分に過剰反応してしまう、動物アレルギーをお持ちの方はいらっしゃると思います。

動物アレルギーをお持ちでも、ペットを愛し一緒に幸せな生活を送りたいと思っていらっしゃる方。一度ふとんクリーニングを試してみて、アレルギーの辛い症状悩まされない、安心できる睡眠をとってみませんか?

布団クリーニングきららウォッシュ
https://kirarawash.com/

動物アレルギーは誰にでも起こる可能性があり、治療は非常に困難だといわれています。
アレルギーが気になる方は一度、病院でアレルギーのパッチテストをされることをお薦めします。
アレルギーのパッチテストは、100%確実なものではないとされていますが、自分がペットを飼える体質かどうか事前の確認や、アレルギー症状がある場合の原因を探る参考にもなるかと思います。

ニキビや肌荒れの原因は布団・枕 の汚れかもしれません

ニキビや肌荒れは【布団・枕 】 の汚れが原因かもしれません

布団や枕などの寝具は、毎日長い時間人の肌に触れるものです。見た目には汚れていないように見えても汗や皮脂が付着しており、それを好むダニや雑菌が肌荒れに繋がると言われています。

お布団や枕を定期的に洗っていますか?

お布団や枕を定期的に洗っていますか?

一日の内でも8時間ほど肌に触れる布団は、体から出る寝汗や皮脂で想像する以上に不衛生な状態です。
人間のフケや皮脂はダニの好物であり、それが付着した不衛生な布団は、家の中でもダニがもっとも多く生息している場所でもあります。

いつも身に着ける下着やパジャマなどは肌に直接触れるため、日常的に取り換える(洗濯する)ことは意識せずとも習慣になっていると思いますが、枕カバーや布団のシーツを毎日取り換える人は少ないのではないでしょうか。

枕やシーツも衣服と同じく直接肌に触れるものです。
毎日の取り換えが難しくても、最低1週間に1度のペースで洗濯することをおススメします。
寝具を清潔に保つことで、肌への悪影響も減ります。

寝る時に顔が直接触れる枕は特に注意

寝る時に顔が直接触れる枕は特に注意

寝る前に美容クリームや美容液などを使用する方も多いと思います。
しかし、肌から枕へ付着した美容液やクリームは放っておくと酸化し、汚れから菌の繁殖に繋がりニキビの原因となります。

また、枕カバーの素材によっては肌を刺激してしまい、肌に良くない場合もあります。
顔がかゆくなったりする場合は、 使用している枕カバーを替えてみると良いかもしれません。

ポイント:タオルを枕カバーの代わりに使用する

枕カバーの代わりに柔らかい生地のタオルなどを使用することで肌への刺激を抑え、取り換え・洗濯がしやすくなり、清潔な状態を保つことができます。

家にいるダニってどんなダニ?

家にいるダニってどんなダニ?

よく『ダニに噛まれたよー』というのを聞きますが、人を噛むダニは主に『イエダニ』『ツメダニ』と呼ばれるダニなのですが、現代のような住宅環境、生活環境では殆ど接触することはありません。皆様が生活されている近辺の草むら等に居るのです。

前回の記事では花粉症とその他アレルギーについてお話しましたが、今回はその中にも出てきた『ダニ』についてピックアップしてみたいと思います。

昭和の時代はまだ住宅の気密性も弱く、風が吹けば宅内にすきま風が吹き込んでくる。そして地面の舗装箇所も少ないため、そこかしこに地べたがあり、茂った草木も身近でした。

飼っているペットも放し飼いで、セルフ散歩から帰ってきたらそのまま住宅に上がり込むなど。家の隙間やペットのお持ち帰りと、何処からでも吸血虫(ダニ)が人間に近づくことができたのです。

でも平成のこの時代、小型のペットは宅内のみ。住宅に至っては技術の進歩も目まぐるしく、逆に気密性が良くなりすぎて宅内での熱中症など他の弊害も生まれている状況です。

今はそんな生活環境ですから、宅内で吸血虫の被害にあうことは、よほどのことがない限りないのが現状なのです。

最も人に身近なダニ『チリダニ』

最も人に身近なダニ『チリダニ』

人を噛むダニ『イエダニ』『ツメダニ』対して『チリダニ』は肉眼では見えないほどの大きさで、人のフケやホコリ、カビ等を食べて生きているダニです。

『チリダニ』は本当に何処にでも存在しており、人を噛むことはありません。勿論目に見えませんので、実際に人の生活にどのような影響があるのか、実感できる方は少ないと思います。

その様なサイズの生き物なので、その死がいは簡単に空中に舞い、また『チリダニ』の排泄するフンもアレルゲンの原因とされております。

少し前まではお布団を干すとよく布団たたきでバンバン叩いていたと思うのですが(私の祖母なんかもやっていました)、叩くとお布団内にある『チリダニ』の死がいやフンを砕いてしまい、ますます呼吸で吸引しやすいサイズにしてしまっている、というのが最近の研究でわかったのです。

結果、体内にアレルゲンが取り込まれ、前回の内容同様アレルゲンに長時間触れることで、アレルギー体質になりやすくなるのです。

アレルギー体質にならない(またはアレルギー反応を和らげる)ためには、やはりアレルゲンを遠ざけることが最良なのではないかと思います。

弊社の布団クリーニングは、お湯に布団を浸して洗う丸洗い方式です。

弊社の布団クリーニングは、お湯に布団を浸して洗う丸洗い方式です。

この洗い方ですと、中わたが隅々まで水分を含み、その後は遠心脱水でしっかりと水を抜きますので、中わたに付着しているアレルゲンを約90%以上洗い落とせます。

その後、専用乾燥機で長時間高温乾燥を行っていきますので、洗浄の水流に耐えて残った『チリダニ』等も、乾燥の行程で死滅させることできます。

布団クリーニングでアレルゲンを洗い落とし、中わた内に生き残った『チリダニ』もいなくなる為、クリーニング前の布団アレルゲン状況に戻るまでに半年~1年はインターバルがあります。

ですので、1年間隔で定期的に布団クリーニングをご利用いただきますと、少なくとも布団内でアレルゲンを心配せずに済む環境を、継続的にご提供できると考えております。

アレルギーに悩んでいる方、一度お布団クリーニングをご利用してみませんか?
その際にはぜひ『きららウォッシュ』をご用命ください。

布団クリーニングきららウォッシュ
https://kirarawash.com/

花粉症になりやすい人とは

花粉症になる可能性が高い人

今年も症状のある方には一番つらい時期、スギ花粉の時期がやってきました。

社内にも重度の花粉症を患っているスタッフがおり、この時期あたりから毎日目のかゆみや充血、鼻水、そしてくしゃみに悩んでおります。

かくいう私もそのスタッフほどではないのですが、この時期になると鼻水、くしゃみが止まらなくなり、マスクが手放せません。

ある日、家でテレビを見ていると、とても興味深い内容を取り上げておりました。

今、花粉症じゃない人も要注意!
「〇〇な人は花粉症になる可能性が高い!」

取り上げていた番組は日本テレビ放送の『世界一受けたい授業』。
私も可能な時にはできるだけ視聴して、面白おかしく雑学を学んでいる番組です。

http://www.ntv.co.jp/sekaju/onair/170128/01.html

さて、「〇〇」の中身、おわかりになりますでしょうか?

答えは、『イライラしやすい人』だそうです。

『なぜイライラしやすい人が花粉症とつながるの??』 私も聞いた瞬間はそう思いました。
ですが、その後を聞き続けていくうちに『なるほど~』と感心したものです。

番組が教えてくれたことによると、アレルギー体質の方は一つのアレルギー物質だけに反応するだけではなく、その他のアレルギー物質にも反応してしまうようです。

特にハウスダストアレルギーの方の実に8割の方が花粉症にもアレルギー反応を示してしまうとのこと。

この話だけでも驚愕してしまいました。
でもここからが本題なのです。

『イライラしやすい人』は年齢に関係なく、加齢臭を発してしまうのだそうです。

  1. そしてハウスダストの主な原因と言われている『チリダニ』等は、この加齢臭を好み寄ってきてしまう。
  2. 身体にアレルギーの元(これをアレルゲンといいます)が付着することで、常にアレルゲンにさらされることになり、ダニアレルギーになりやすくなる。
  3. 結果、合併的に花粉症にも悩まされる体質になってしまう。

というカラクリなのだとか・・・。この話を聞いて総毛立ってしまいました。

自分はアレルギー体質ではないからと安心はできません。

自分はアレルギー体質ではないからと安心はできません。

ここでお伝えしたいのが、アレルゲンにさらされる時間が長くなると、アレルギー体質になっていってしまうという部分です。

私たちは日々お布団のクリーニングをしておりますが、中わたにしっかり水を透し、多種にわたるアレルゲンを洗い落とすことを目指しております。

お布団はチリダニにとってはまさに天国です。必然とチリダニの数も畳の上やフローリングより多くなります。

さすがに屋内すべてのダニを根絶やしにすることは不可能ですが、1日の約3分の2は包まって過ごす布団の中、少し意識を変えないといけないのかもしれませんね。

お布団を清潔に保つことも重要になってきます。
ぜひ当社のお布団クリーニングをご用命下さい。

布団クリーニング『きららウォッシュ』
https://kirarawash.com/

アレルギーに関しましては、近年研究も進んでおり、マスメディア等を通じて常に新しい情報が流れております。

現状ではアレルゲンに触れないようにするのが最良のようですので、皆様もくれぐれも心穏やかにお過ごしくださいませ。